水虫は夏だけのものじゃない

水虫と効くと夏場になるものだと思いますが、実はそうではありません。冬場のファッションアイテムであるブーツ、男女ともに人気ですがじつはそれが水虫を引き起こす原因になってるんです。

水虫は湯船では感染しない

水虫の原因菌である白癬菌の感染力は決して弱いものではありません。
空気中に漂う白癬菌が人の肺などに入って悪さをするということはまずあり得ませんが、一度定着した後はさまざまな場所に移動して感染を広げていくことがあります。
そのため水虫を患った人が家族にいる場合などは特に注意が必要となるのですが、ここでひとつ知っておきたいのが「水虫は湯船から感染することは無い」ということです。
水中で活発に活動して感染を広げる菌というものが無いわけではありませんし、確かに白癬菌は湿気を好む性質があります。
ですが水中は湿気が強いというよりは完全な水で構成されているわけですから、水虫を発症するために皮膚に定着するというステップをクリアすることができず、感染を広げることができなくなってしまうのです。
そのため水虫を持っている家族がいて、その人がお風呂に入った後で別の家族が同じ湯船に入るとしても感染が広がることはありません。
ただ一点注意をしたいのが、湯船で感染することは無くともタオルなどを介して感染することはあり得るということです。
白癬菌は人の体に付着していなくとも生存することができる菌ですから、水虫に感染している人とバスタオルを共用するなどになると感染が広がることになります。
加えてよく水虫を患った人は公衆浴場を使うべきではないと言われますが、これは公衆浴場に設置された足ふきマットが理由になっています。
足ふきマットに白癬菌が移った場合、そこで生存して次に足ふきマットを使った人の皮膚に移動することがあるのです。
そのため症状が出ている場合はなるべく専用の足ふきマットを使うようにするべきだということは忘れないようにしてください。