水虫は夏だけのものじゃない

水虫と効くと夏場になるものだと思いますが、実はそうではありません。冬場のファッションアイテムであるブーツ、男女ともに人気ですがじつはそれが水虫を引き起こす原因になってるんです。

水虫や足のマメにはエフゲンを使用する

水虫は一度できてしまうと簡単には治らないので、皮膚科で治療薬を貰ってくるのが最適です。ですが予約が取れなかったり、忙しくて通えないような時もあるので、そういった時に便利なのが通販でも購入できる水虫の薬、エフゲンです。エフゲンは皮がめくれて汁が出てきているような状態でも使用することができるので、水虫が悪化してきたような時の、家庭用治療薬として最適でしょう。つけた時は浸みる感触もありますが、そこから痛みもなくつけた部分が乾燥していくのであれば安心でしょう。乾燥すればただれていることでの痒みなども解消することができます。水虫を自分でなんとかしようと考えた時、酢を利用し、症状が酷くなるのを防ぐという方法もありますが、これは一時的な解消にしかつながらない可能性もあります。多くの水虫の場合は表面は綺麗になっても皮膚の中までは治っていないようなことがほとんどです。ですから皮膚の中に潜んでいる菌をしっかりと殺菌し完治させるためにもエフゲンを使用するといいでしょう。使用することでただれている部分が乾燥し、綺麗に剥がれることで水虫の症状が良くなっていくので最適です。足のマメも、汚れた皮膚が固まってできてしまっていることが多いので、綺麗に落とすことが必要です。入浴時に軽石などでこすって落とすのもいいですが、強くこすりすぎて皮膚を傷つけてもいけないので扱いには注意です。また、足のマメを酷くしないためにもエフゲンを塗っておくといいでしょう。足のマメは酷くなると歩行しにくくなったり、歩きにくくなったりもします。また、古い皮膚をそのままにしておくことで水虫もまたできやすくなるので、まめなケアは必要でしょう。